キャリアが描けなくてもいい

================

「今後のキャリアが描けません・・・」

とお悩みの方に朗報です!

それでも大丈夫です。

================

 

国家資格キャリアコンサルタントの戸田明菜です。

 

 

組織で働く方のお話を聴くと

「今後のキャリアが描けません・・・」

と悩む方が一定数いらっしゃると感じます。

 

ここで言う“キャリア”は

多くの場合“企業人としてのキャリアパス”

の文脈で語られています。

 

 

企業では上司との面談において

今後のキャリアパスの希望を

話す機会も少なくありませんよね。

そうすると、

キャリアパスが描けない自分=ダメ

のように思い込んでしまう方もいます。

 

 

かく言う私にも経験があります。

企業に勤めていた時に

「同じ部署で結婚・出産しても

営業として続けている女性は

いないな・・・

私が結婚・出産したら

内勤かな・・・

私には合わないような・・・

じゃあどうすればいいのー?!」

のようなことを思い、焦っていました。

 

 

でも、果たして

キャリアパスが描けない自分=ダメ

でしょうか?

 

決してそんなことはない、

と今の私は思います。

 

そもそもキャリアとは、

企業人としてのキャリアパスに限らず

人生全体を通して築いていくもの、です。

 

そして人生は

「いま振り返るとあの時のあの経験が

転機となった」のような

偶然の(と思える)出来事の積み重ね、

ではないでしょうか?

 

その積み重ねの中で、

自分では思い描いてもいなかった

未来にたどり着くこと

があります。

 

だからこそ、キャリアパスを描くよりも

自分が人生を通して

どんな自分でありたいか

どんな自分になりたいか

を描くことが先ずは大切です。

 

誰しも人生は選択の連続です。

それはどんな小さな選択だって(例えばランチは何にする、とか)。

選択の連続の人生も、

自分が目指す目的地(ありたい自分・なりたい自分)が

明確だと軸がブレません。

つまり、自分の選択に自信が持てます

 

そうしたら、今はキャリアパスを描けていなくても、

ありたい自分・なりたい自分に向かって

自分らしく自分の人生を歩んでいけます。

 

それって幸せな人生なんだと、私は思います。

 

社会人にとって働く時間は1日の大半。

だけど、あなたの全ては仕事だけではない。

でも、仕事もあなたの生活を彩る一部である。

だから先ずはあなたの人生の目的地を決めましょう。

 

そして一人でも多く今の職場で幸せに働く人の

笑顔の連鎖を生み出すことが、私の目的地です。

 

 

人生を通してありたい自分、描いていますか?